助産院マップ | 助産院でのお産や自宅出産 おっぱいケア・育児相談などをご希望の皆様へ

スタッフ紹介

 

  • 所長 毛利多恵子

    所長からのメッセージ

    亡き初代毛利種子が開設して60余年。温故知新のケア理念を引き継ぎ 平成19年から所長をしています。ここでうまれた赤ちゃんがママとなりパパとなりまた助産所に戻ってくれることをとても誇りとしています。以前ここでお産された方がおばあちゃまとなり、昔の妊娠期やお産の話を嬉しそうに娘や息子に語る姿は、世代を超えて 大切なことが引き継がれているように感じます。

    妊娠中からからだを整え、自然分娩できるよう準備し、人生に深い満足となる出産体験をしていただき、幸せな気持ちで育児が開始できるよう支援できればと思っています。その経験は人生観や育児観にプラスとなるからです。

    当院でお産されなくとも、病院や診療所でお産をされ、産後入院をしていただくこともできます。産後のサポートがなかなか得られない現代において、産後のからだの回復とともに、母乳育児支援と育児を少しずつ慣れるお手伝いをすることができます。

    「妊娠期の養生」「産後の養生」を大切にしています。からだを大切にすることは、精神面が落ち着き健康の基盤となります。妊娠、出産、育児は新しいことの経験です。また心身に大きな影響をもたらします。養生することが乗り越える原動力となると思われます。

    毛利多恵子のプロフィール 

     京都大学短期大学部看護学科卒業

     聖路加看護大学編入学

     聖路加看護大学大学院修了

    臨床経験 助産師臨床経験30年

     大阪府立母子保健総合医療センター 助産師

     東京都教職員組合三楽病院産婦人科 助産師

     毛利助産所助産師 現在に至る

    教育歴

     京都市立看護短期大学教員  聖路加看護大学教員  天使専門職大学院教員

     現在は助産教育機関である大学院、大学、専門学校で非常勤講師をするとともに、10校の助産学生実習受け入れをする。

    国際協力

     JICA専門家としてブラジル2年間長期赴任、ボリビアに短期赴任経験。